電話でお金を借りる方法は、いたってベーシックな方法です。電話でお金を借りることができる消費者金融は、ほとんどすべてといってよいでしょう。この場合、必要書類はファックスなどで送信することになります。そして、審査に通った場合は、その金額を銀行早期人によって送られます。この方法は、複雑な機器を必要とするわけではないので、インターネット回線を設置していない場合でも利用できますし、手軽であるというメリットがあります。また、近くに店舗がない人でもお金を借りることを可能とするため、電話での消費者金融への申込はよく利用されています。
ただし、電話でお金を借りる方法は銀行送金のみで融資が行われますが、銀行送金は一定時刻を過ぎると、振り込みが翌営業日扱いになります。金曜日の営業時間後に振込みがなされれば、実際に自分の講座に入ってくるのは、月曜日となります。そのため、急いでいる場合には、申し込みを早めに行い、その一定時刻までに契約を終わらせる必要があります。この時刻は各消費者金融ごとに異なりますが、大きな銀行は3時までなので、それから手続きのための時間を差し引いて、2時や遅くても2時半くらいに設定しているところが多いです。細かい点は、消費者金融によって異なるため、事前に確認するようにしましょう。
電話でお金を借りる方法は、オぺレーターと会話をしながら申し込むことができるため、初めての方でも安心して利用することができます。